前へ
次へ

何の花粉アレルギーかは血液検査でわかる

花粉症の症状は突然出始めますので、もしかしたらと思ったら、耳鼻科などで検査をしてもらうと、自分が何のアレルギーかを知ることができます。
検査といっても大きな医療機器に入ったり、辛いことを強いられるわけではなく、血液検査をすればわかるので心配無用です。
くしゃみを連発したり鼻水が止まらなくなるなど、花粉症を招く花粉には種類があります。
多くの人が影響を受けるのがスギ花粉であり、ピークは春の時期にはなるものの、飛散量として少ないですがすでに1月から飛び始めるのもスギ花粉です。
鼻がいつまでもぐずぐずとしやすいアレルギー症状を招きますが、喉のイガイガ感や皮膚や目のかゆみなど、あらわれる症状は色々あります。
ヒノキ花粉も花粉症の人々を悩ませますが、少しだけ飛び始めるのはスギ花粉よりも遅めです。
スギ花粉がひと段落をして、これで今年の花粉症も治まると油断をしていたら、今度はヒノキ花粉でまた症状が始まることもあります。

Page Top