前へ
次へ

うつ病の治療方法と周囲の協力について

現代は、社会状況などが複雑化しており、心身疲労を起こしやすい環境になっています。
特に働き世代の若い年代にうつ病が広がっており、周囲を巻き込んだ課題になっています。
治療法としては、休養と服薬、そして精神療法となります。
うつ病の治療としては、十分な休養と薬治療の2本柱で進められています。
最近では、精神療法が加わった3本柱になる傾向にあります。
そして、患者にとって自己管理は難しくなるので、周囲の協力が肝心になります。
特に、うつ病患者は仕事等に対する責任感が強いことが多く、心身に不調を来しても休養をとらない傾向があります。
それがさらに症状を悪化させることになり、回復を長引かせる要因にもなっています。
それ故、医師から休養を取るように言われたら、素直に支持に従うことが何より大切で、周囲の人の協力も得る必要があります。
また、専業主婦などの場合は、家事や育児が気になって休めないケースもあります。
そうした場合は、入院するのも一つの方法で、症状が安定するまでは治療に専念する方が早期回復に繋がります。

Page Top