前へ
次へ

子ども向けのホスピスの必要性が高まっています

近年、小児がんの患者が増加をしていると言われています。
中には病気が見つかった時点ですでに手遅れという場合もあります。
受診をした時点で余命宣告を受けてしまうような疾患もあります。
何もすることができないということになれば、安らかな時間を過ごすことが求められます。
自宅で過ごすというのもよいですが、何かあった時にすぐに対応をすることができるように、医療機関の中に自宅と同じような雰囲気の中で過ごすことができるスペースを設けているところもあります。
いわゆるホスピスですが、大人向けのものが多く、子どもが入所することができないというところも多いです。
小児がんや先天性異常の場合には、治療を行うことができない場合も多いので、ホスピスに入所をするという選択を迫られることもあるでしょう。
家族が看取るという場所を医療機関の中に設けることによって、幸せな時間を過ごすことができるかもしれません。
子ども向けのホスピスも需要が高まっています。

Page Top